STYLE PLAN

健康、ダイエット、趣味

健康診断書からみる生活習慣改善プラン

肥満

基準値BMI 18.5以上25.0未満 

計算方法BMI =体重㎏÷(身長m×身長m)

 肥満度の指標であるBMI が25を超えると肥満と判定されます 。腹回りはおへその高さで測ったお腹周りのことで基準値を超えた場合内臓脂肪は 100c㎡以上あると推測できないぞう脂肪型肥満の可能性があります。

 内臓脂肪型肥満の人は動脈硬化が進行しやすく生活習慣病になりやすいと言われています。

肥満を防ぐ生活習慣プラン

毎日の掃除お掃除の時間を増やす

働きやすい靴を履くようにする

動き買い物は徒歩で

食器を小ぶりのものに変えてみる

食べる時は野菜から食べる

体重は毎日測る

高血圧

基準値

血圧測定収縮期

血圧130 mmhg 未満

拡張期血圧85 mmhg 未満

 血圧測定では心臓から送り出された血液が血管に与える圧力を測ります。

 血圧の高い状態が続くと血管の壁に高い圧力がかかり血管の内側が傷つき、そこに脂質などたまって動脈硬化が進みます。動脈硬化によって血管の弾力性が失われ、さらに血管の内側が狭くなることで血流が悪くなり、血圧上昇を招くという悪循環に陥ってしまいます。

高血圧を防ぐ生活習慣プラン

食事の時むやみに醤油や塩をかけない

ラーメン屋その後の汁は飲まない

食事はゆっくり時間をかけよく噛んで食べる

乗り物に乗るより歩く習慣をつける

禁煙を実行する

趣味などでストレス解消を心がける

 

脂質異常症

基準値

中性脂肪 (TG)150 mg/dl 未満

HDLコレステロール40mg/dl 以上

LDLコレステロール140 mg/dl未満

コレステロール220mg/gl 未満

食事中に含まれる脂質の量測定します。

血液中の脂質が増えると血管壁に溜まり血管が傷ついたり弾力が失われたりして、動脈硬化が進みます。脂質の中でも善玉コレステロールと呼ばれる HDLコレステロールは、減少すると動脈硬化が進行します。

 脂質異常症を防ぐ生活習慣プラン

肉料理の脂身は取り除く

卵は週に 1から2個以下にする

動脈硬化を防ぐ dhaepa を含む青背の魚サバやイワシを食べる

お酒は適量を日本酒換算でい一日一合以下にする

毎日少しずつでもウォーキングなどの有酸素運動をする

上り下りの際には階段を使う

 

糖尿病

基準値

空腹時血糖110 mg /dl 未満

特定健診保健指導判定値は100 mg/dl

ヘモグロビン a 1 c hba1 c 6.5%未満

尿糖 陰性(-)・逆陽性(±)

血液中のブドウ糖の量わかる検査が血糖値検査です。 ヘモグロビンA1cは、過去1~2ヶ月の平均的な血糖の状態を反映します。血糖値が高い状態が続くと糖尿病と診断されます。糖尿病を放置しておくと血管が痛めつけられ、糖尿病網膜症や糖尿病腎症など様々な合併症が引き起こされると同時に動脈硬化の発症も促します。

糖尿病を防ぐ生活習慣プラン

朝食は抜かず3度の食事は規則正しく取る

色々な食品を撮りませてバランス良い食事を心がける

甘いものご飯やパンなどの穀類を 取り過ぎに注意する

腹筋家腕立て伏せで筋力アップを心がける

ウォーキングやサイクリングなど少しずつでも毎日継続する

ストレスを受けると血糖値が上昇。 上手に発散を

 

肝機能障害

基準値

AST(GOT)30U/L以下

ALT(GPT)30U/L以下

 γ-GT(γ-GTP)50U/L以下

肝臓はエネルギーの貯蔵家体に有害な物質の分解解毒などの機能を持っています 肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるように障害が起こっても症状が現れににくく、気づいた時にはかなり進行していることもあります。 検査値に異常があるときは必ず再検査や精密検査を受けましょう。

肝臓をいたわる生活習慣プラン

適度な飲酒量を守り週に2回は休肝日を作る日本酒換算で115イカ肝臓の機能回復に不可欠な有料なたんぱく質白身魚納豆豆腐などを取る野菜や海藻きのこ類を積極的にとりビタミンミネラル植物繊維を補給するウォーキングなどの有酸素運動で適正体重を維持する

 

腎機能障害

腎臓病の大半は進行しないと症状が現れません。しかしそのまま放置しておくと腎機能が低下し慢性腎臓病 (CKD)から腎不全となり人工透析などの治療が必要になります。近年成人の8人に1人は (CKD)と言われています。検査値に異常が見られたら必ず詳しい検査を受けましょう 。腎臓をいたわる生活習慣プラン

夜ふかしや疲労は腎臓の負担に。睡眠をきちんと撮る。

白身魚家脂身の少ない肉など良質なタンパク質をとる。

水分も十分に取り、排尿を我慢しない。

風邪などの感染症が腎臓病の原因になることも 。予防を心がける

 

貧血

Jc エロ酸素運ぶ赤血球赤血球の中に含まれるヘモグロビンが減少したいないが酸欠になる病気は貧血です貧血の中でも特に多いのが無理なダイエットは偏食によってもぐろびんの材料で鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血です また行かイ様などによる体内での出血が原因となって貧血が起こる可能性もあります貧血と判定されたらその原因を明らかにすることは大切です 鉄欠乏性貧血を防ぐ生活習慣プラン1日3食規則正しく食べるでは納豆ひじき緑黄色野菜など鉄分を多く含む食品を取る 鉄分の吸収を良くするビタミン c ブロッコリーいちごじゃがいもなどを取る無理なダイエットは禁物運動しながら健康的なダイエットを

 

痛風

血液中の尿酸値が高い状態を高尿酸血症と言いますこの状態が泣くと尿酸の結晶が足の関節などにたまり激しい痛みを伴う痛風発作を引き起こします痛風のもとになって心臓病や腎臓病を招くこともあったね尿酸値のコントロールが重要です 痛風を防ぐ生活習慣プランで和牛ヒレ肉えび味などプリン体の多い食品の食べ過ぎに注意するお酒は適量日本酒換算でい一日一合以下を守る水分をたっぷりとって容量を増やし尿酸の排泄を促すウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を習慣にする

 

心臓病

心電図検査では不整脈心肥大虚血性心疾患 狭心症心筋梗塞などを調べることができます心臓に障害が起こると息切れや動悸などの症状が現れますメタボリックシンドロームになると狭心症心筋梗塞といった命に関わる病気の基準が高まるため注意が必要です 心臓病を防ぐ生活習慣プラ喫煙は心臓に負担をかけますしっかり時に食塩アルコールの摂りすぎに注意するウォーキングなどの有酸素運動を継続するストレスをためない 生活を心がける

 

メタボリックシンドローム

脂肪の蓄積に加え血糖値脂質異常高血圧症の危険因子が2つ以上ある状態をメタボリックシンドロームと言います メタボリックシンドロームの状態放置しておくと 血管が固くもろく狭くなって血流が滞り安くなり動脈硬化が急速に進行します動脈硬化は命に関わる様々な病気に深く関係しておりたとえ命を取り留めたとしても介護が必要な状態に陥るなどその後の生活の質を著しく低下させます

動脈硬化が引き起こす主な病気

この他にも糖尿病の合併症網膜症腎症神経障害などのリスクも高まります 。動脈硬化の進行を防ぐために病気の一歩手前であるメタボリックシンドロームの段階で食い止めることが必要です生活習慣を見直し禁煙を心がけましょう 。動脈硬化の具合を観察できる検査、眼底検査眼底カメラで目の奥の網膜を撮影する検査 デス 眼底の血管は人間の体の中で唯一直接血管を観察できるブループレス網膜の血管は脳動脈から続いているため脳の動脈硬化の進行度が分かりますこのか脳内症糖尿病網膜症の検査としても有効です

 

メンタルヘルスチェック

体の健康と同じように心の健康メンタルヘルスも考えることで豊かな生活を送ることにつながります労働者が50人以上いる事業所では2015年12月から毎年1回ストレスチェックの実施が義務化されました悩めストレスがいつまでは解消できない心身の不調が続いているときは一人でないまずとにかく誰かに相談してみましょう

うつ病自己チェック

毎日の生活に充実感がない

これは楽しんで入れていたことが楽しめなくなった

以前は役にできていたことが今は億劫に感じる

わけもなく疲れたような感じがする

自分が役に立つ人間だと思えない

上記の項目のうち2つ以上が2週間以上ほとんど毎日続き生活に支障が出ている場合はうつ病の可能性があります医療機関保健所精神保健センターなどに相談してください

 

その他の検診

骨粗鬆症

年を取ると骨のカルシウム量が減り骨がスカスカになって骨折しやすくなってしまいますこの状態を骨粗しょう症と言います特に高齢の女性によく寝たきりになる大きな原因となっています

歯周疾患

歯茎が細菌による炎症を起こした状態を歯周病と呼びます歯周病は成人が歯を失う原因の第一位です噛むことには肥満予防認知症予防などの全身の健康に大きく関係しています歯周病予防のために定期的な健診と食後の歯磨きを忘れずにしましょう

がん

癌は日本人の死因の第1位ですしかし近年では早期発見早期治療となる可能性の高いがんも増えています食生活や金印など生活習慣に気を配ることも検診を受けて元から身を守りましょう