読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STYLE PLAN

健康、ダイエット、趣味

「アイアンはダウンブローで球を打つんだよ!」ってなに?の件

 

 

「アイアンはダウンブローで球を打つんだよ!」

「ほら、金槌をさ、上から打ち込むように、叩きつけるようにビシッと打つんだよ!」

「クラブの重みを感じてさ、勝手に上から落ちてくる感じだよ!」

 

先日、身内的なゆる~いゴルフコンペがありまして、その時に誰かが言っていたんです。

 今まで私も何度いろんな人に言われたか…

 

はぁ~?

なんじゃそりゃ?

言っていることがよくわからん

うるせーおやじだ

 

と、いつも思っていました(笑)

 

 

 今回は勘違いしていることが多いダウンブローについて調査しました。

理解していない人多いんですよね・・・

 

「プロの使うアイアンショットは、同じ番手のアイアンなのに俺よりスゲー飛ぶなぁ!」ってよく思いますよね。

 

「プロ」だからさ!

 

・・・確かに

 

 

  多くのアマチュアゴルファーはダウンブローというと鋭角的に上から打ち込むとことと勘違いしている人が多いのです。

 

 じつは、特別なスイングをしているわけてはありません。 

アイアンの場合はスイングの最下点がボールの先にくるように打ちます。

 スイングは円運動です。その軌道でクラブをトップから振り下ろしてヘッドが一番下に到達する前(ダウンの途中)にボールに当たることです。

ですから、そのスイングをダウンブローと言います。

 

 

 

プロの試合とか上級者とラウンドしたときにターフ(フェアウェイの芝)をきれいに削りとったようになったのを見かけたことはないでしょうか?あれこそ、きれいにダウンブローに打ち込んだ証です。

 

ちなみに。。。

ボールの手前の芝が削れるのはダフりです(笑) 

 

では、なぜダウンブローが飛ぶんだろう?

それは、インパクトの時にヘッドのロフトが立っているからです。

これは、ヘッドが最下点にきた時に、その番手の本来のロフト角になりますが、ダウンブローの場合最下点はボールの先、ヘッドのロフトが少し立った状態のときがインパクトになります。

つまり、9アイアンのロフト角がダウブローにより7アイアン程のロフト角の状態のときに球にコンタクトしているってことになります。

その結果力強く遠くに飛ぶ打球になります。そして、バックスピン量も増えるのでグリーンに乗ってもあまり転がらない狙える球筋ということになります。